利用規約・免責事項

第1条(名称)

このスタジオはSAEYOGA(以下「本施設」)と称します。

第2条(目的)

本施設はヨガやセッションを通じて利用者の心身の健康の維持・増進することを目的とします。

第3条(利用資格)

本施設の利用は、次の各号の全てに適合する方に限ります。

  • 本施設の趣旨に賛同し施設利用規約その他の会則を守れる方。
  • 心身ともに健康であり、医師等により運動を禁じられていない方。
  • 心臓病、感染症、精神病及びこれに類する疾患のない方。
  • 講師およびスタッフに敬意を払い必要な指示に従うことができる方。

第4条(会員登録)

本施設の予約に際してスマートフォンにて会員登録をする必要があります。会員登録はお一人ずつしていただく必要がございます。

第5条(利用料)

利用者は施設を利用する場合、当社が定める利用料を支払うものとします。

月額会員でのご入会の際は入会金・1ヶ月目の日割り会費・2ヶ月目の月会費をクレジッドカード引き落としをさせていただきます。3ヶ月目よりクレジットカード自動引き落としにてお支払いいただきます。月額会員でのご入会は事務手続き上の理由により、入会月より3ヶ月の継続が必須となります。

月額会費を1ヶ月未納した場合スタジオを利用することができません。お支払い完了と同時に会員証及びチケットの使用は可能となります。

回数チケットは本施設にて現金・クレジットカードでお支払いをいただきます。

第6条(入会金)

入会金は本施設が定める金額とし、入会時にお支払いいただきます。領収した入会金は理由の如何に関わらず返還しないものとします。

第7条(予約・予約取消し)

本施設利用は完全予約制とします。予約のない飛び込み参加は原則禁止とさせていただいております。レッスン開始15分前より早くの入館はできません。

一度予約したレッスンを取り消す場合、予約したレッスン開始時間の1時間前までに、本施設が定める方法に従って自身で取消の手続を行うものとします。利用者が前項に定める取消可能時間を過ぎてから予約したレッスンのキャンセル連絡をした場合や無断でキャンセルした場合、キャンセル料の支払い義務が生じます。

第8条(契約プランの変更)

月額会員(フリーパス・マンスリー3・マンスリー4)の方は契約変更の際は変更希望月の前月の10日までに(10日が定休日の場合は前営業日までに)店舗来店にて申告を行うことによって翌月1日から変更することができる。

第9条(休会・退会)

月額会員(フリーパス・マンスリー3・マンスリー4)の方は希望する休会・退会月の前月の1日までに(1日が定休日の場合は前営業日までに)店舗にご来店の上手続きが必要となります。未払いの会費等がある場合はそれを完納しなければなりません。

月額会員の方の解約月の会費は、解約が月の中途であってもこれを全額支払わなければなりません。

第10条(禁止行為)

  • 他人を誹謗・中傷(SNS等インターネット等の書き込み含む)をすること
  • ほかのお客様に物品の売買や営業行為、宗教勧誘をすること
  • 他人に対する暴力や施設設備への落書きなど、公共のマナー・道徳に反する行為
  • インストラクターの業務を直接的または間接的に妨げる行為

第11条(除名)

利用者が下記のいずれかに該当した場合、当施設は除名できます。

  • 入会にあたり虚偽の申告をしたとき
  • 規約、規則、その本施設の定めた事項に反する行為があったとき
  • 本施設の名誉、信用を傷つけたり、他の利用者との協調性を欠き運営の秩序を乱したりしたとき
  • ストーカー行為や嫌がらせ行為など、他人の迷惑や施設利用の妨げとなる行為があったとき

上記の理由により除名された利用者は、レッスン料の返金および損害賠償の請求をおこなうことができません。

第12条(施設・講師の免責)

利用者は本施設内において、自己及び自己の所有物を自らの責任において管理するものとします。スタジオ内に財布や携帯・スマホを持ち込む場合、金属音などにご配慮頂き電子機器は必ず電源をオフにしてください。ヨガマットを含む施設内で発生した盗難、傷害その他の事故について当社に重大な過失がある場合を除き、一切の賠償責任を負わないものとします。

第13条(損害賠償責任免責)

利用者が本施設の利用中に受けた損害に対して、本施設に故意または過失がある場合を除き、当該損害に対する責を負いません。

利用者同士の間に生じたトラブルに対して、本施設は、本施設に故意または重大な過失がある場合を除き、一切関与いたしません。

第14条(事故の責任)

利用者は、本施設内の活動に際しては、本施設の諸規定及び施設管理責任者並びに指導者の指示に従い、自己の責任において行動するものとする。これに違反して盗難、傷害等の事故が起こっても、本施設及び指導者等に対して一切の損害賠償を請求しないものとする。

第15条(諸料金の変更)

本施設は入会金・会費・利用料等を、社会・経済情勢の変動を勘案して改定することができます。その際、ホームページや各種SNSを通し1か月前までに利用者に告知をするものとします。

第16条(会則の改正)

本施設は、本施設が必要と認めた場合、会則の改訂を行うことができるものとします。.改訂された規則は、ホームページなどにより告知されたときから効力を生じ、以後全員に適用されるものとします。


2024年3月1日 改正・施行

タイトルとURLをコピーしました